PROFILE

会社概要

私たちは人や物をやさしくつつむ会社を目指しています

私たちは、創造力と技術力をもって限りある資源を活用し、人や物をやさしくつつむ商品とサービスを提供することにより、社会に貢献します。

行動方針

  • 決められたルールや約束を守る。
  • どうしたらお客様に喜んで頂けるかを考える。
  • 経験や慣習にとらわれず、常に改革に努める。
  • 互いに助け合い、教え合って向上していく。
  • 社会に奉仕することを、いつも念頭に置く。

私たちは、IPAC(革新、情熱、行動、挑戦)の精神を大切にします。・・・自分のため、会社のため、社会のため

行動方針

PROFILE

項目内容
商号富士木材株式会社
設立昭和16年3月29日 (創業:大正2年)
資本金50,000,000円
従業員数130名(2015年04月現在)
本社所在地静岡県富士市大渕3800-8
許認可[建設業]静岡県知事 般27-第20150号
[一級建築士事務所]静岡県知事(4)第5652号
[宅地建物取引業]静岡県知事(11)第4158号
[財団法人住宅保証機構]業者登録 10010304
[県産材取扱業者認定]木材業者登録番号 2958
[静岡県木材業者登録]登録番号 2958
[倉庫業]中部運輸局 第195号
[貨物運送取扱業]名古屋陸運 自家-第225号
[古物商]静岡県公安委員会 第49110A000048号
[エコアクション21]認証・登録番号 0011859
事業所所在地[本社・本社工場]静岡県富士市大渕3800-8 tel 0545(36)1188
[住宅部]静岡県富士市下横割226番地 tel 0545(63)0123
[キト暮ラスカ]静岡県富士市下横割226番地 tel 0545(63)0123
[大淵工場]静岡県富士市大淵4527-8グリーン工業団地内
[流通センター]静岡県富士市石坂174番地-1
[港湾センター]静岡県富士市前田新田658-1
[権現倉庫]静岡県富士宮市小泉569-1
関連会社富士防疫株式会社
営業品目[住宅部門]建築請負、土地建物取引、仲介、不動産貸付、リフォーム
[木材部門]パレット、木箱、原木及び製材品輸入販売、梱包資材
[紙器部門]段ボールケース、化粧ケース、梱包用副資材、緩衝材、包装緩衝設計、パッケージデザイン
[倉庫部門]倉庫、貨物運送取扱
[包装部門]輸出品梱包、国内輸送梱包
[開発部門]新商品開発

HISTORY

昭和16年3月個人企業より法人化
昭和35年3月段ボール工場新設(富士市下横割)
昭和38年6月本社移転(富士市下横割)
昭和51年3月住宅部新設(富士市下横割)
昭和55年2月流通センター新設(富士市石坂)
昭和57年4月横浜工場新設(横浜市金沢区)
昭和62年10月港湾センター新設(富士市前田新田)
平成3年3月大淵工場(現:木材工場)新設(富士市大淵)
平成3年3月包装部新設(富士市下横割)
平成3年5月小泉倉庫新設(富士宮市小泉)
平成6年4月包装設計室新設(富士市下横割)
平成12年1月中丸展示場新設
平成14年7月権現倉庫新設(富士宮市小泉)
平成14年12月ISO14001 認証取得
平成15年8月住まいのギャラリー夢和音新設(富士市横割)
平成16年3月営業開発部新設(富士市下横割)
平成17年4月石坂展示場新設
平成17年4月システム開発室新設
平成19年5月和ら木工房新設
平成21年7月ネット販売開発室新設
平成22年6月フジモクモノ展示場新設
平成25年1月本社・紙器工場新設移転[静岡県富士市大渕]
平成26年2月キト暮ラスカショールーム新設
平成29年6月エコアクション21認証取得

環境方針

地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであること、また当社が紙器材料、木材材料、建築材料を取り扱うこと、及びお客様の商品をお預かりする事業にも展開していることを認識し、創造力と技術力をもって限りある資源を活用し、人や物をやさしくつつむ商品とサービスを提供することにより、社会に貢献します。

  • 当社は、環境負荷の軽減に配慮し、お客様のニーズを満足する商品・サービスを提供することを、設計・開発から商品の製造・サービスの各プロセスを通じて行います。
  • 各製造プロセスにおける環境負荷低減への取り組みを積極的に行い、廃棄物の削減・リサイクルの促進及び適正処理に努め、環境負荷の継続的な改善と、環境汚染の予防をします。
  • 地球環境保護のため、省資源、省エネルギーを推進します。
  • 要求される法規・規制・協定及び、当社が同意したその他の要求事項を順守します。
  • 環境影響を考慮して環境目的・目標を設定し、定期的見直しを行い継続的改善を推進します。
  • この方針は、当社で働く人、当社のために働く人に周知徹底し、環境教育を通じて環境意識を向上させます。
  • この環境方針は、社内・外に公開します。