VOICE

住まい手の声

上質な時を心地よく楽しむ家

静岡市清水区 M様邸 2019年竣工

上質な時を心地よく楽しむ家

白い壁に、軒を深くかけ天井を杉板張りに仕上げた温かみのある家。富士ひのきの無垢床、リビングは無垢の杉板で折り下げ天井を採用するなど、素材を一つ一つ丁寧に選んだこだわりの空間が広がるM様邸。新居が完成して半年、どのように暮らしを楽しまれているかM様ご家族を訪ねました。

INTERVIEW

Q家づくりのきっかけは?

娘が産まれアパートでは手狭になり、家をどうしようかと言う事になりました。初めは建売で良いと思ったのですが、どこかつまらない感じがして、木の家が良いねという事になりフジモクさんと出会いました。最初建売で良いと言っていたはずが、打合せが始まるとやりたい事だらけになりました(笑)。


Qフジモクに決めた理由は?

家を検討する前、いつも通る道に自分たちが好きな家がありました。家を建てるならこんな家に住みたいなと。そして、キト暮ラスカショールームでフジモクさんと初めて会い、木と暮らす。の本を頂いてその中にある施工事例をみてびっくりしてしまいました。そこに、私たちがずっと好きだった家が載っていたのです。又、兄がリフォーム営業の杉山さんと友達だった事もあり、色々なご縁が重なってフジモクさんに決めました。


Q住み心地はいかがですか?

ログハウスまではいかない、木を使った家に住みたいというのが希望でした。無垢床は南から入る昼間の光が夜まで室内を暖かくしてくれるので、一日中ぬくぬくしていて過ごしやすいです。夏は涼しくカラッとしています。アパート住まいでは、一部屋を洗濯部屋にしていたので、お風呂、洗面室、ランドリールーム(3畳)が続く間取りにしてもらいました。動きやすくランドリールームはフル活用しています。キッチン、ダイニングも横並びにしてもらったので、ほとんど移動せずにテーブルの食器をシンクに運べるので便利です。動線、居心地共に住みやすく満足しています。


Q気に入っている点は?

リビングの無垢の杉板で造ってもらった折り下げ天井です。初めはキッチンの天井にと思っていましたが、設備をガスにしたので断念し、リビング側にしました。夜は間接照明のやわらかな明かりがリビング全体に広がります。ゆったりとした時間を過ごしていると、明かりによって天井の木目がより落ち着いてくる様子に気づき、私たち夫婦が希望した木の家に住んでいるのだなと実感しています。リビング側にして良かったなと住んでから、より思う様になりました。
又、書斎の壁は有孔ボードにしたので、趣味の釣り道具を並べて、観賞を楽しみたいと思います。


上質な時を心地よく楽しむ家 サブ画像1
上質な時を心地よく楽しむ家 サブ画像2
上質な時を心地よく楽しむ家 サブ画像3
上質な時を心地よく楽しむ家 サブ画像4
上質な時を心地よく楽しむ家 サブ画像5

M様ありがとうございました。自分たちのアイデアを思いのままカタチにしてもらい、安心してお任せする事ができました。家づくりは、とても楽しかったです。」と嬉しい言葉を頂きました。お家には、奥様が選んだ素敵なインテリアが飾られ、木の香りに包まれながら暮らしを楽しまれている様子が伺われました。Rちゃんの成長と共に益々暮らしを豊かに、そしてこれから大事に育まれるM様邸は、経年と美しさを増していくことでしょう。M様、末永いおつきあいをどうぞよろしくお願いいたします。

 

(2019年8月25日竣工)