VOICE

住まい手の声

自然素材に囲まれて心地よく暮らす住まい

富士市 Y様邸 2019年竣工

自然素材に囲まれて心地よく暮らす住まい

白い塗り壁にグリーンが映える外観、南からの明るい日差しが大きなリビングの窓から入り、明るく温かみのあるお住まいのY様邸。「去年の1月頃、雨が降っていた日、HPでたまたまフジモクの家を見つけました。以前住んでいたアパートから近かったので暇つぶしに寄ってみようか…と、キト暮ラスカのショールームへ行ったのがはじまりです」とご主人様。

コンセプトは「たとえ狭い土地であっても、開放的で色々な所を広めにとってゆったりと暮らしたい」というのがご夫婦の希望だったのだそう。ご主人の仕事関係で富士市に永住が決まり、私たちで紹介した土地を気に入って頂いて、家づくりがスタートしました。洗い出しの小道を抜けて玄関へ。どのように暮らしを楽しまれているかY様の家を訪ねました。

INTERVIEW

Q住み心地はいかがですか?

「・開放的な家 ・大きな洗面 ・脱衣室はトイレと分けて ・玄関からトイレや洗面は見えないように…」と沢山リクエストをしました(笑)と奥様。やりたいことがはっきりしたおかげでムダな所はありません!日差しがたっぷりと降り注ぐリビングは温かいです。ペレットストーブとハグみじゅうたんが心地良く、家族が自然と集まる場所になりました。広々としたキッチンは家事もしやすく、造作洗面台はデザイン性だけでなく使い勝手の良い収納棚を付けてもらったので便利で満足しています。


Q気に入っている点は?

ストリップ階段の吹き抜けからたくさんの光を取り込む事ができた開放的なリビングです!贅沢さいっぱいで気持ちよく暮らしています。
リビングドアや収納は造作で造ってもらい、本物の素材が引き立つ空間に感じられていいですね。使いやすさがあって、日々香る良い匂い、木の家にこだわって良かったと思っています。
リビング内にある和室。一段高くし、堀ごたつ式カウンターをつけました。後々は子どものスタディコーナーとして計画したんです。今は、読書や主人の仕事場にも使えて重宝しています。
それから、部屋からデッキ、庭へとさっと出られるのも嬉しいです。子どもがお花に水をあげたり、しゃぼん玉をしたり、今は子どもの遊び場ですが、庭をもう一つの居間としてティタイムや読書などゆっくりできる日も楽しみです。


Qこうしておけば良かったことは?

小上がりの和室の段差の部分に、できるだけ収納を多く造れば良かったかなと思います。和室は一番こだわった!と言っても過言ではないので、今でも収納の向きや位置、ライトの位置など、どれが正解だったかなと考える時があります(笑)


Qいつものお掃除は?

ルンバとクイックルワイパーです。


自然素材に囲まれて心地よく暮らす住まい サブ画像1
自然素材に囲まれて心地よく暮らす住まい サブ画像2
自然素材に囲まれて心地よく暮らす住まい サブ画像3
自然素材に囲まれて心地よく暮らす住まい サブ画像4

Y様ありがとうございました。「主人が自然な温かさが好きで、風や光が通り抜ける様に設計して下さったので、エアコンなどは極力使わず、快適です。打合せは妊娠中で、決める事が多く普通なら大変だったと思いますが、私は夢の家について沢山話をする事ができて、とても楽しく発散できました!」と嬉しいお言葉を頂きました。お家を見回すと、随所にご夫婦のこだわりが感じられるお住まい。リビングの中央に敷かれた、ハグみじゅうたんが良いアクセントとなり、やわらかな色合いがご家族を包み込むように感じられました。

ご夫婦の愛情に包まれながら、Mちゃん、Iちゃんの成長と共に益々暮らしを豊かに育まれるY様邸。Y様、末永いおつきあいを、どうぞよろしくお願い致します。