VOICE

住まい手の声

温もりに“丁寧”をブレンドした、心地いい暮らし

富士市 S様邸 2019年竣工

温もりに“丁寧”をブレンドした、心地いい暮らし

白い塗り壁風のシンプルな外壁に、玄関まわりには杉の天然木をアクセントにして、自然な素材感が引き立つシンプルで飽きの来ない家。玄関の扉を開けると、正面の天井まで伸びる壁のへこみに季節を先取る花や緑が生けられ、家族や来客をやさしく迎え入れてくれます。家づくりは、4年程前からスタート、以前住んでいたアパートの近くで開催されていたフジモクの見学会に行った事が出会いのきっかけでした。「歳をとっても、違和感のない家に住みたい」と、デザイン、素材感、利便性、住み心地を兼ね備えた“世界にたった一つの家”を叶えました。暮らし始めてもうじき半年、S様のお家を訪ねました。

INTERVIEW

Q住み心地はいかがですか?

二転三転した間取りでしたが、家事動線を優先して正解でした。キッチン、洗面室、お風呂の水回りは直線で結び、玄関からも洗面室へ直線で行ける二つの経路はとても便利です。家事を効率良くこなせて、帰宅後の手洗い、買い物袋を運ぶなどの行き来もスムーズです。
又、リビングの表しの梁にエアリアルヨガの金具を設置してもらいました。小さい頃からバレエをやっていたので、体を動かすのが好きでヨガは生活の一部になっています。光と風に包まれたリビングで、心身ともにリラックスでき、踏み心地がやさしい静岡県産の無垢の杉の床や、珪藻土の壁など、自然素材の良さを実感しています。


Q気に入っている点は?

リビング内にある小上がりの畳コーナーです。どこに居てもお互いの存在を感じることができ、ゴロゴロくつろげて心地いい距離感です。子どもの絵本やおもちゃがあるキッズスペースと板の間は、壁紙を落ち着いた色に変え、花瓶などを飾っています。色々雰囲気を変えながら空間を楽しめるところが気に入っています。
又、無垢の木の床は床暖房などを設置しなくても十分温かいですね。以前の住まいでは、床がとても冷えていて息子は足を床につけない様につま先立ちで歩いていましたが、今は裸足で過ごしています。


Qこうしておけば良かった点は?

階段の曲がり角のお掃除は、大変だなと思いました。


Qいつものお掃除は?

ルンバです。


温もりに“丁寧”をブレンドした、心地いい暮らし サブ画像1
温もりに“丁寧”をブレンドした、心地いい暮らし サブ画像2
温もりに“丁寧”をブレンドした、心地いい暮らし サブ画像3
温もりに“丁寧”をブレンドした、心地いい暮らし サブ画像4
温もりに“丁寧”をブレンドした、心地いい暮らし サブ画像5

S様ありがとうございました。

「家づくりを始めたのは、まだ子どももバンタロウ(愛犬)もいない頃でした。機能性に優れた大手の高級住宅ばかり見ていくうちに、自然素材の家がいいなと思うようになり、フジモクさんの見学会で無垢の床を見て、珍しく夫婦の意見が一致しました。家を建てるならフジモクだね!と。沢山の要望を叶えて頂き、暮らしてみて、温もりのある素材と家族で過ごす時間がイメージ以上でした。これからまた家族が増え、この家で子育てができることの楽しみでいっぱいです。」と嬉しいお言葉を頂きました。ご夫婦の愛情に包まれながら、Jくん、そして、5月に誕生したKくんの成長と共に益々暮らしを豊かに育まれることでしょう。S様、末永いおつきあいをどうぞ宜しくお願い致します。

(2019年11月竣工)