WORKS

施工事例

大きな木製窓がまるで絵画のフレームのように、光と風を彩る住まい。

大きな木製窓がまるで絵画のフレームのように、光と風を彩る住まい。

リビングの大きな窓からは庭の緑がまるで一枚の絵画のように部屋を彩り、心安らぐ雰囲気が心地よい。床に富士ひのきを用いた木の温もりと、珪藻土の白壁を基調にした和みの空間に、黒をアクセントにすることでデザイン性が生まれ、感度の高いご主人のセンスが光っている。建築やインテリアが好きだというご主人がこの家のコンセプトにしたのは「軒」のある家。そしてカフェをイメージしたおしゃれなダイニングのある家。もう一つのリビングかと思う程広く設けられた軒下は幅1.8m。雨を除けながらバランスよく陽光を取り込み、引き込みで全開放できる大きな掃出し窓を開けると更に広さを増し、テラコッタ調の外床が際立つ。船舶用照明だという器具もバランスよく馴染んでいる。庭には小道を作り、四季折々の草花に小鳥も訪れ、自然を身近に感じられる喜びを発見したというSさんご夫婦。庭を眺めながら食事ができる窓に取り付けられた木製のブラインドやお料理本や雑誌が並ぶ見せる本棚、外国製の聡明器具、キッチン前を黒板にすることで本格的なカフェ感が演出されている。お子さん達が描いた黒板の絵を見ながら家族で食事を楽しんだり、奥様がお料理をしながら音楽を聴いたり、家族皆が楽しめる優しい理想の暮らしがあった。

PHOTO GALLERY