VOICE

住まい手の声

庭へつながる開放的な空間、光と風が通う家

富士市 N様邸 2015年竣工

庭へつながる開放的な空間、光と風が通う家

N様邸は、住宅密集地に建ち、通りからの視線を感じないように、目隠しも兼ねて設けた杉のサイドウォールが玄関の良いアクセントに。そのおかげで室内は開放感があり、家族との時間をのんびり過ごせます。お住まいになられてから1年半。緑と洗い出し仕上げのアプローチを抜けて玄関へ。ご家族も増え、家族三人で暮らすN様のお家を訪ねました。

INTERVIEW

Q住み心地はいかがですか?

木の風合いを感じながら心地よく、とても暮らしやすいです。「緑の風景を常に感じながら暮らしたい」そんな願いから一番大きな窓があるリビングで、室内にやわらかい光と心地よい風が入り快適です。床はナラの巾広の無垢材仕上げ、木枠は全て白に統一しました。飽きがこず、和のテイストによって家全体がすっきり見えて、小物を飾るのが楽しみになっています。


Q気に入っている点は?

リビングの小上がりの和室です。間仕切りをしなくてもそれぞれが独立した感覚を味わえることが気に入っています。こしかけると目線が合い、家族のコミュニケーションがとりやすいです。子どものお昼寝や客間にと活躍の場面が多くLDKとのつながりにして良かったです。キト暮ラスカショールームを参考にして、間接照明を採用して照明を目立たなくしました。デッキと庭につながる大きな窓は開放感があり、リビングからの眺めは、主人の憧れだった芝生と木々が一面に見えてとても癒されています。


Qこうしておけば良かった点は?

寝室の照明はもったいないかなと思いやめてしまいましたが、調光タイプをつければ良かったです。明るすぎましたね。よく考えてつけたコンセントですが、暮らしてみると使わない箇所も多く、多すぎたかなと思います。


Qいつものお手入れは?

水に濡れたところだけキヌカを塗りました。子どもが生まれる前に1回塗ろうかと思いましたが、そのままになっています。


庭へつながる開放的な空間、光と風が通う家 サブ画像1
庭へつながる開放的な空間、光と風が通う家 サブ画像2
庭へつながる開放的な空間、光と風が通う家 サブ画像3
庭へつながる開放的な空間、光と風が通う家 サブ画像4

N様ありがとうございました。「一戸建てを建てようと、土地が決まった時、土地が旗竿で微妙な形だった為、不安がありました。車の停め方から庭づくりまで。イメージを重ね合わせできた家は冬はあたたか、夏は涼しく、希望であった和すぎず、和テイストで(笑)を叶えてもらいました。樋口設計とあれこれ打ち合わせする時間が楽しく家づくりが終わってしまったのがさみしいです。」と言うお話を聞けて、とても嬉しくなりました。細部までご夫婦の希望とセンスが行き届いたお住まいは、白と木で統一されたナチュラルで居心地の良い空間になり、造作飾り棚の小物がひときわ目を惹きました。お子様の成長と共に年月を重ねていくお家は、自然素材の風合いが増し益々お気に入りの家になってくれるでしょう。